学校や会社に通いながらガイドヘルパー資格は取得できる?

ガイドヘルパーの資格を取得したいけれど、学校や会社に通っているという方も多くおられると思います。

 

そのような方も、今の仕事を辞めることなく、また、学校に通いながら、ガイドヘルパーの資格が取得できるのかどうか、ここでご説明していきます。

 

会社・学校に通いながらガイドヘルパーの資格は取得できる?

ガイドヘルパーの資格を取得するには、都道府県が指定するスクールで行われる研修を受けたり、講座を受講することによって、無試験で取得することが出来る資格です。

 

資格の取得期間は、2日から5日程度となっており、費用も3万円から4万円程度となっています。

 

そのため、大きな負担がかかることはなく、会社の休みの日に合わせて受講したり、研修を受けることが可能となっています。

 

多くの講座では、あらかじめ決められているいくつかの日程から、自分で都合の良い日程を決める事が出来ます。

 

ガイドヘルパーの資格には、3種類の資格があります。

 

1.全身性障害者過程(全身性障がいをお持ちの方を支援する資格)
2.同行援護従業者養成研修(視覚障がいをお持ちの方を支援する資格)
3.行動援護従業者養成研修(知的・精神障がいをお持ちの方を支援する資格)

 

これらの3種類のうち、全身性障害者過程に関しては、すでに介護職員として勤務しているか、介護福祉士の国家資格を所持していなくては受講することが出来ないという場合がほとんどです。

 

その理由としては、高い専門性が必要とされているからです。

 

そのため、全身性障害者過程を受講したいという場合には、学校や会社に行きながら資格取得のための講座に通ったりする必要がありますので、少し難しいかもしれません。

 

ですが、同行援護従業者養成研修や、行動援護従業者養成研修に関しては、特に受講条件として設けられている内容がありませんので、どなたでも受講することが出来ます。