ガイドヘルパーの役割とは?

ガイドヘルパーの役割とは何でしょうか?それはガイドヘルパーの種類によって少々変わってきます。ガイドヘルパーの資格取得には三種類の障害ごとに必要な研修があり、それぞれの修了証明書があります。ガイドヘルパーが必要とする三種類の障害とは、全身性障害、視覚障害、精神障害の三つです。

 

一つ目の全身性障害課程を研修を修了すると全身性障害者の方の移動介護を行うのが役割となります。全身性障害の方は主に車椅子を利用していますが、筋ジストロフィー病などで寝たきりの方もいます。その場合ストレッチャーでの移動介護ということになります。

 

実は移動介護についてはまだ発展途上で、全身性の移動介護を積極的に行っていない地域があるのが現状です。ガイドヘルパーの資格取得の研修の実施主体は各自治体ですので、その自治体の実情により力の入れ具合に差が出るということです。

 

昔、全身性障害をお持ちの方が、住まいの地域では全身性の移動介護は行っていないと知り、それが可能な地域に引っ越しをするケースもありました。

 

二つ目の同行援護従事者養成研修を修了すると視覚障害者の方の移動介護を行うのが役割となります。視覚障害者の方は白い杖を持って歩き、片手で支援者の腕を掴んで歩行します。道の具合、交通機関での注意事項や、情報などを利用者に差し上げながら目的地を共に目指します。必要に応じて代筆や代読をします。

 

三つ目の行動援護従事者養成研修を修了すると知的、精神障害者の方の移動介護を行うのが役割となります。どのガイドヘルプも障害の度合いが重いほど介助に細やかな注意が求められます。

 

ガイドヘルパーの役割は障害者の方が外出する際の支援ですが、それによる利用者の地域参加、また自己実現を叶えることでもあります。障害者の方を尊重しながら、自立を支援しなければなりません。

 

また、今本当に求められているのは、ガイドヘルパーの数を増やすことです。自分がガイドヘルパーになった時に次に力を入れる事は、知人、友人にその重要性を伝え人材確保の担い手になって下さい。これもガイドヘルパーの大切な役割となります。