ガイドヘルパーになるには?

障害のある方の移動支援や外出支援を行っていくガイドヘルパーという資格がありますが、そのガイドヘルパーになるには、どうしたらいいのでしょうか。

 

ガイドヘルパーは、障がいを抱えている方や高齢者の方にとって、とても重要な存在となっています。

 

ここでは、ガイドヘルパーになるにはどうしたらいいのかという事について、ご説明していきます。

 

ガイドヘルパーとは

まず、ガイドヘルパーについて簡単にご説明していきます。

 

ガイドヘルパーとは、正確には移動介護従事者と言い、障がいを抱えている方の外出を支援していく方のことで、各都道府県が行う研修を修了する必要があります。

 

外出介護員とも呼ばれており、この資格は障害者総合支援法に基づいています。

 

具体的には、視覚・身体・知的障がいにより、1人で外出することが困難な方に、移動介護サービスを提供するという仕事となります。

 

障がいを抱えている方の自立や、積極的な社会参加といったことを行う上で、とても重要になるものです。

 

全身性障がい・視覚障がいを抱えている方の外出支援は介護職員(ヘルパー等)では行えず、ガイドヘルパーの資格が必要となります。

 

ガイドヘルパーになるには?

そんなガイドヘルパーになるには、各都道府県知事が行う研修や、通信講座などでの研修を修了する必要があります。

 

試験などを受験する必要はなく、講座や研修を修了することでガイドヘルパーの資格が取得出来ます。

 

ガイドヘルパーには、視覚・身体・知的障がいの3種類それぞれに、それぞれの資格取得のための研修があります。

 

このうち、受講資格が必要となる研修もありますので、事前に確認しておくことをお勧めします。

 

各地域で条件やカリキュラムは異なっていますので、そのような点も注意が必要となるのですが、ガイドヘルパーの資格を取得すれば全国共通で通用します。

 

試験を受験して取得するわけではないと言えども、自分から積極的にボランティアなどに参加し、学んでいく必要がある資格でもあります。