ガイドヘルパーからキャリアアップを目指すには?

ガイドヘルパーからキャリアアップを目指すためには、どのような方法があるのでしょうか。

 

ここでは、ガイドヘルパーからキャリアアップを目指す方に、一つの方法としてご紹介していこうと思います。

 

介護のプロフェッショナルになる

ガイドヘルパーの資格を取得後には、どのようにキャリアアップを行う事ができるのでしょうか。

 

まず、ガイドヘルパーの資格を単独で所持している場合、ガイドヘルパーとしてのボランティアなどに参加できるようになります。

 

また、障害者福祉施設などに勤務し、施設の職員として利用者様の移動支援などを行っていく事になります。

 

訪問介護の事業所などに勤務した場合にも、利用者様の移動支援のサービスを提供していくことになります。

 

買い物、散歩など、一人で外出することが困難な方に対し、移動支援を行います。

 

仕事をしていく中で、ガイドヘルパーの資格だけでは少し不便だと感じることが出てくると思います。

 

介護が必要となる利用者様と関わった際に感じることが多く、他の資格を取得したいと考える方が多くなります。

 

そのような場合、ガイドヘルパーの資格に加え、介護職員初任者研修や、国家資格である介護福祉士といったような資格を取得することで、キャリアアップをはかることが出来ます。

 

訪問介護の事業所などでは特に、ガイドヘルパーの資格と介護職員初任者研修などの資格を同時に所持していることで、就職の際にも有利となります。

 

障がい者分野だけではなく、高齢者分野の資格も取得することによって、介護のプロフェッショナルとしてキャリアアップしていくことが出来ます。

 

介護福祉士の国家資格を取得するとなれば、やはり大変になりますが、仕事の幅が広がると同時に、待遇の改善も期待できます。

 

ガイドヘルパーの資格を軸として、自分の思い通りのキャリアプランとなるよう、一度考えてみる事も大切です。