ガイドヘルパーの需要はどれくらいある?

ガイドヘルパーの需要というのは、一体どのくらいあるのでしょうか。

 

ガイドヘルパーとして就職したいと考えておられる方もおられると思いますので、今回はガイドヘルパーの需要について、ご説明していきます。

 

ガイドヘルパーの需要は?

日本は高齢化社会となり、障がい者施設や高齢者施設に入居することが出来ない方の多くが、自宅にて家族に介護・介助されつつ生活しておられます。

 

高齢者の方や障がい者の方が安心して外出するためには、ガイドヘルパーのような専門知識を持った存在が必要となります。

 

ガイドヘルパーが居る事で、家族の方も安心して介護に疲れた身体や心を癒す時間をとることが出来ます。

 

また、在宅にて生活されている高齢者の方や障がい者の方は、外出が難しい場合にどうしても家の中に閉じこもりがちとなってしまいます。

 

そのような事が無いように、ガイドヘルパーは社会参加や自立を促すような支援をしていくという役割を担っています。

 

そういった意味で、ガイドヘルパーの需要はとても大きいと言えます。

 

また、障がい者施設はもちろんの事、ボランティア活動などを行う団体などが、同じ障がいを持つ方同士で交通機関を利用して外出するという事があります。

 

そのような場合にも、必要とされているのはガイドヘルパーなのです。

 

高い専門知識をもち、障がいのある方や高齢者の方のよき理解者として、また、家族の方の支援者としても、需要は高まっているのです。

 

大人だけが対象ではありません

ガイドヘルパーが対象とするのは、なにも大人だけではないのです。もちろん、障がいを抱えているこども達の外出支援も行っていく事になります。

 

こども達が数人で食事や買い物などに出かける際、ガイドヘルパーが同行することになります。

 

大人ではなくこどもとなれば、より専門的な知識が必要とされる場面も多くなります。そのような意味でも、ガイドヘルパーの需要はとても高いと言えます。