EDC医療福祉学院|ガイドヘルパー養成講座の特徴

ガイドヘルパーとなるための資格を取得するための講座として、EDC医療福祉学院の講座があります。

 

こちらの講座の特徴には、どのようなものがあるのかについて、ご紹介していこうと思います。

 

EDC医療福祉学院の講座の特徴は?

EDC医療福祉学院は、仙台市をはじめとし、宮城県内各地において、ガイドヘルパー研修や介護職員初任者研修などを研修を実施しているスクールです。

 

「明るく・楽しく・親切に」という講習を心掛けているスクールで、多くの受講者に利用されています。

 

EDC医療福祉学院の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

 

一人ひとりにキャリアガイダンスがある

一人ひとりに専門のキャリアコンサルタントが、自分自身を知るためにキャリアガイダンスを実施してくれます。

 

自分の能力を引き出したり、可能性を発見できるため、自分の仕事に対する考え方を理解することによって、今後の参考にすることが出来ます。

 

就職サポートがある

EDC医療福祉学院は、厚背労働省より一般労働者派遣事業、職業紹介事業の指定を受けているスクールです。

 

そのため、就職サポートがとても充実しているという特徴があります。正社員・派遣・パートなど、希望に合った就職先を紹介してもらうことが可能です。

 

このようなサポートがしっかりしていると、資格取得後の就職活動などに関して心配することなく、安心して研修を受ける事が出来ます。

 

3種類それぞれガイドヘルパーの研修がある

EDC医療福祉学院では、3種類のガイドヘルパーの資格取得研修が実施されています。

 

・同行援護従業者養成研修(視覚障がい)
・全身性障害者移動介護従業者養成研修(全身性障がい)
・行動援護従業者養成研修(知的障がい・精神障がい)

 

これら3種類の資格を取得するための研修が、それぞれ行われています。

 

移動支援として必要となる知識や技術について、基礎をしっかり身につけることが出来ます。

 

同行援護従業者養成研修については、一般過程と応用過程があり、応用過程では、地下鉄やバスの乗降体験・買い物・階段やエスカレーターなど、体験学習を行う事が出来ます。

 

実際に公共交通機関を利用して学ぶことによって、より技術や知識が身につきやすくなります。

 

地域に密着している

EDC医療福祉学院は、宮城県内での研修を実施しています。

 

受講することにより、資格取得後の就職サポートがあるのですが、宮城県に密着した就職情報などを得る事が出来ます。

 

このように、EDC医療福祉学院には、多くの特徴があります。