未来ケアカレッジ|ガイドヘルパー養成講座の特徴

ガイドヘルパー養成講座を開講しているスクールの中から、未来ケアカレッジのガイドヘルパー養成講座についてご紹介します。

 

未来ケアカレッジのガイドヘルパー養成講座の特徴

未来ケアカレッジのガイドヘルパー養成講座では、以下のような講座が開講されています。

 

・全身性障害過程
・知的障害過程/精神障害過程

 

これらの過程で共通している特徴があります。

 

1,ガイドヘルパーの経験が豊富な講師陣

長年、ガイドヘルパーとしてサービスを提供している経験豊富な講師から、介助技術に関する指導を受ける事が出来ます。

 

また、関連領域に関しての知識については、看護師・理学療法士・作業療法士などの各専門分野のプロである講師から、指導を受ける事が可能となっています。

 

このように、実際に現場で働く講師の方から指導を受ける事が出来ますので、身につきやすくなります。

 

2,実践的な授業の内容

まずは障がいについての知識を学び、そこから車椅子への移乗方法、移動方法、歩行付き添いといったような、障がい者の方への介助方々を学ぶ事が出来ます。

 

屋外での演習や、実際に交通機関を利用して演習を行う事が出来ますので、より実践的に学ぶ事が可能です。

 

実践的な学びを行う事が出来るというスクールは多いかもしれませんが、実際に交通機関を利用できるという点は、このスクールの大きな特徴だと言えます。

 

ガイドヘルパーとして、利用者様との信頼関係を築くためにも、やはりしっかりと仕事をこなすことが出来なくてはなりません。

 

3,修了証明書が発行される

カリキュラムを修了することで、以下の修了証明書を発行してもらうことが出来ます。

 

全身性障害者過程

全身性障害者移動支援従業者養成研修課程修了証明書

 

知的障害者過程/精神障害者過程

移動支援従業者養成講座知的障害者過程修了証明書/移動支援従業者養成講座精神障害課程修了証明書

 

このような証明書は、就職の際にも必要となる場合がありますし、自分が学んだ証となりますので大切にしたいですね。

 

4,全身性障害過程において受講要件が無いところがある

介護福祉士の国家資格や、現在介護職員であることが条件となる全身性障害者過程ですが、大阪校・京都校では特にそのような条件なく受講することが可能です。

 

また、それぞれの地域により、キャッシュバックなどのキャンペーンが行われていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。