ガイドへルパーの仕事内容とは?

ガイドへルパーの仕事内容はガイドへルパーの中のどの資格を持っているかにより変わってきます。ガイドヘルパーには三種類の資格があります。

 

一つ目は、全身性障害過程修了のガイドへルパーです。この資格は介護職員初任者研修や介護福祉士の資格を持っている方か、介護職員初任者研修を確実に終了するとみなされている方に限ります。修了証明書、資格証の提出が必要となりますので注意してください。

 

このような介護の資格を持った方がガイドヘルパーになるということは、仕事内容としては介護全般に外出支援が加わるということになります。外出支援とは、外出する先に制限はなく、病院、映画館、旅行などが含まれます。外出に伴う衣類の脱着、車椅子の介助、交通機関を使っての介助などになります。

 

全身に障害を持った方に外出することの喜びを知ってもらい、安心して地域社会に参加して頂きましょう。

 

二つ目は、同行援護従事者養成研修終了のガイドへルパーです。この資格はどなたでも受講ができるので、介護職員が行うような介護サービスは含まれません。

 

しかし、各自治体の制度や方針、または利用者本人の意向などで提供するサービスの範囲が異なってきますので、十分注意が必要です。主に、視覚障害者の方が外出する際に付き添い、安心して歩行ならびに公的機関を利用できるようサポートします。代筆や代読の方法も研修でしっかり学びます。

 

視覚障害者の心理を理解し、視覚障害者の自立と地域社会への参加を楽しむ気持ちで臨みましょう。

 

三つ目は、行動援護従事者研修終了のガイドヘルパーです。この資格もどなたでも受講ができるので、基本的には介護職員が行うような介護サービスは含まれませんが、同行援護従事者同様その利用者により異なってきますので十分注意して取り組んでほしいものです。

 

主に、知的、精神的障害者の方が外出する際に付き添い、安心して地域社会に参加できるようサポートします。残念ながら世間ではまだまだ精神障害者に対する理解度が低いのが現状です。

 

専門的な知識を研修で学び、精神障害者の方とスムーズなコミュニケーションをとり共に外出を楽しめることを目標とします。また、ガイドヘルパー制度は各都道府県により異なっていますので、ご自分の地域が持つガイドヘルパーの制度を知った上での資格取得をお勧めします。