ガイドヘルパー養成講座を選ぶ際に気をつけるべきポイント

ガイドヘルパーの養成講座を選ぶ際に、気をつけるべきポイントというのはどのようなものがあるのでしょうか。

 

講座選びで失敗してしまうと、取得後などにひどく後悔してしまうことになります。

 

ここでは、ガイドヘルパー養成講座を選ぶ際に気をつけるべきポイントについて、ご説明していこうと思います。

 

ガイドヘルパー養成講座を選ぶ際の注意点

講座を選ぶとなると、人それぞれ注目したい部分が異なると思います。

 

例えば、費用やスクール開講場所など、自分が住んでいる場所や生活の状態などによっては、ポイントとなる部分が異なります。

 

その中でも、共通して気をつけるべきポイントについて、ご紹介していきます。

 

まず、何といっても取得したい資格の種類を確認しておくという点です。

 

大前提でもあるのですが、ガイドヘルパーの資格には、以下の3種類があります。

 

・行動援護従業者養成研修(知的・精神障がいをお持ちの方を支援)
・全身性障害者過程(全身性障がいをお持ちの方を支援)
・同行援護従業者養成研修(視覚障がいをお持ちの方を支援)

 

これら3種類のうち、自分がどの資格を取得したいのかという事について、開講されている講座と照らし合わせる必要があります。

 

受講条件がある資格も存在しているため、自分が受講条件をみたしているのかという点も、確認しておきたい部分です。

 

また、開講講座の項目に上記3種類が記載されていたとしても、実際には募集がされていないという事があります。

 

せっかく自分に合った講座が見つかったと思ったのに、募集されていなかったとなれば、がっかりしてしまいます。そのような点も確認をしておきましょう。

 

次に、講座のサポート内容についても、気をつけておきたいポイントです。

 

就職サポートや、他の資格とセットで受講できるようなサポートがあるかどうかという点は、とても重要です。

 

就職サポートがある講座であれば、資格取得後に就職先を探し回らなくてはならないという事がなくなります。セット受講が出来るような講座であれば、就職にもさらに有利となります。

 

このような点をしっかりと確認し、講座を選ぶようにすることで、講座選びに失敗することはなくなるでしょう。