ガイドヘルパーの資格を通信講座で取得するメリット

たちは外出することを当たり前のことに感じていますが、世の中には外出をしたくても出来ないでいる方が大勢います。高齢のため、障害のために自力では外の世界に出ることができず家族にも迷惑をかけたくないので家にいるなんて、寂しいですね。

 

介護保険法や障害者総合支援法などで高齢者や障害者も健常者と同じ条件で生きていくことを提言しています。そしてそれに必要となる介護人材とその資格制度が今大変注目されています。

 

中でもガイドヘルパーの育成には力を注いでおり、通信教育で資格取得をする方が増えています。ガイドヘルパーの資格取得は自治体も行っていますが自分の都合の良い日を選ぶことが困難です。通信教育では自分の都合に合わせて取得できるのでとても便利です。

 

また、通信教育では効率良く授業や演習が行われるので、仕事をしながらでも短期間での取得が可能です。

 

ほどんどの通信講座では他の介護関連の資格取得も扱っているので、これから先の資格取得についての情報がたくさんあります。的確なアドバイスをもらい、長期的に介護の分野で活躍することを応援してもらえます。

 

ガイドヘルパーの資格は「全身性障害過程」、「視聴覚障害者過程」、「知的、精神障害者過程」の三種類があります。

 

例えば、視覚障害者のガイドヘルパーの資格だけを取得した場合、目の不自由な方の外出支援をした時点で仕事は終了しなければなりません。介護士のための資格を取得しようとした場合、ガイドヘルパーと同じ民間スクールの通信講座を受講すれば費用の一部免除があったりします。

 

また、国家資格である介護福祉士が全身性障害者のガイドヘルプをする場合、ガイドヘルパーの資格取得が必須となります。この場合にも両者を同じ民間スクールの通信講座を利用することにより費用が安くなります。

 

介護関連の通信講座は全体的にお手頃な価格設定がされています。介護福祉士は4、5万円、介護職員初任者研修は7万円〜12万円、ガイドヘルパーは2万円〜4万円程度が目安となるでしょう。