ガイドヘルパーが必要とされている理由とは?

高齢化社会と言われるようになって久しい現在、介護を必要とする人は増加の一途を辿っています。それに伴い、いろいろな障害を抱えている人も増加している現状があります。高齢者の介護だけでは追い付いていけない、介助利用者の増加がガイドヘルパーの需要に大きく影響していると言えるでしょう。

 

在宅介護

障害者福祉施設に入居していない障害者のほとんどは、自宅で家族の介助によって生活していますが、その介護は家族に大きな負担となってのしかかってきます。

 

訪問介護サービスを利用する事によって、家族の負担は減らすことが出来ます。家族以外の人とコミュニケーションを取ることで刺激にもなり、利用者は明るく変化していきます。利用者が社会性を持ってくることは家族にも良い変化をもたらします。

 

ガイドヘルパーはそれを可能にすることが出来るのです。障害者の同行援護の専門知識を有することで、安心して外に出ていけます。ガイドヘルパーは利用者である障害者の良き理解者であると同時に、家族との懸け橋でもあります。

 

在宅で障害者を介護している家族に取って、必要不可欠なヘルパーとして今後も需要は増えるでしょう。

 

障害者福祉施設

障害者福祉施設では、障害者が入居して日常生活を送っています。障害者(児)の施設では、ガイドヘルパーも施設職員として移動援護が必要な利用者にサービス提供しています。

 

障害の状態によって、移動援護の必要度合いは異なりますから専門知識を持ったガイドヘルパーが施設にいることは、大きな力になります。利用者の外出にも、適切な同行援護が出来ることでスムーズに用事を済ますこともでき、安心して社会参加が進むでしょう。

 

ボランティア活動

障害者の自立と社会参加をすすめるNPOやボランティア団体は多く存在します。同じ障害に苦しむ人達で外に出て楽しむ機会は多くなり、交通機関を利用して出かけるのを見かけるようになりました。

 

このような移動時に必要とされるのが、同行援護ガイドヘルパーになります。

 

ガイドヘルパーの活躍する場は、職としてだけでなく社会参加の手助けをするためにも必要となっているのです。