同行援護制度とは?

視覚障がいをお持ちの方にとって、同行援護は欠かせないものです。
この同行援護制度とはどのようなものなのか、ここでご説明していこうと思います。

 

同行援護制度って何?

同行援護制度は、移動に際し困難となる視覚障がいをお持ちの方が外出する際、移動の介助を行うのが同行援護です。

 

具体的には、以下のような支援を行います。

 

・移動に必要となる情報の提供
・排泄介助や食事介助
・移動の援護
・代読や代筆

 

同行援護では、このようなサービスを提供していくことになります。

 

同行援護に携わる場合には、ガイドヘルパーとして同行援護従業者養成研修を受講し、資格を取得しなくてはなりません。

 

この資格を取得することで、ガイドヘルパーとしての技術や知識を持った人のみ、同行援護に携わることが出来ます。

 

同行援護制度は、視覚障がいがある為に、自由に外出することが難しい方にとって、とても重要な意味を持つものです。

 

視覚障がいをお持ちの方に対し、適切な移動介助や支援を行う事によって、社会参加や地域生活を豊かにしていくことが出来ます。

 

家から出て外の環境に触れるお手伝いが出来るという事は、その方の生きがいに繋がるかもしれない部分に携わる事が出来るという事です。

 

この同行援護は、とても必要とされているものであり、視覚障がいをお持ちの方の生活の支えにもなり得るものなのです。

 

同行援護の対象者は?

同行援護の対象となる方は、移動に際し困難とされる視覚障がいをお持ちの方となります。

 

その詳しい内容は以下の通りです。

 

○同行援護アセスメント調査票にて、「移動障がい」に関して1点以上の方
○「視力障がい」「視野障がい」「夜盲」のいずれかが1点以上の方

 

上記の両方の条件を満たす方で、障害者手帳をお持ちの方のみが対象となります。

 

ただし、障害者手帳の等級に関しては今のところ問われる事はありません。

 

このような条件はあるものの、多くの視覚障がいをお持ちの方にサービスを提供しているという状況です。

 

外出や移動に際し、危険がないよう、また、必要となる支援を行えるよう、同行援護従事者は、しっかりと知識と技術を身につけておく必要があります。