サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者とは、どのような仕事を担う人なのか、ご存知ですか?

 

何となく聞いたことがあるかもしれませんが、詳しい部分は知らないという方も多いと思います。

 

ここでは、サービス提供責任者とは何なのかについて、ご説明していきます。

 

サービス提供責任者って?

サービス提供責任者とは、介護士やケアマネジャー、そして利用者様との間を取り持ち、適切に介護サービスが提供されるよう調整する役割を持つ仕事です。

 

訪問介護事業所には、サービス提供責任者の配置が必須となっているため、必要とされる職でもあります。

 

サービス提供責任者には、いくつもの仕事があります。

 

・ケアプランを基にした介護サービス計画の作成
・訪問介護計画の見直しや確認
・訪問介護士に対しての指導や管理
・場合によって、直接介護を行う
・利用者様の自宅に訪問する
・ケアマネジャーへの連絡調整

 

などなど、サービス提供責任者は、この他にも多くの役割を担っているのです。

 

訪問介護の事業所などにおいては、欠かす事の出来ない重要な存在となっています。

 

場合によっては利用者様に対して直接介護を行うこともあり、その幅広い仕事内容から、多くのやりがいを感じることが出来る職でもあります。

 

ケアマネジャーによって作成されるケアプランを基に、訪問介護計画を作成・調整していくという仕事では、利用者様の生活の質に大きく関与することになります。

 

一人ひとりに合った計画書が作成できなくては、全く無意味なサービス提供となり、利用者様には満足していただけません。

 

サービス提供責任者は、利用者様一人ひとりのニーズに合ったサービスを提供することを前提に、そのサービスの質について大きく左右することになる存在なのです。

 

また、訪問介護士に対し、指導を行っていくことも重要な役割です。

 

指導を行うだけではなく、訪問介護士からの相談にもしっかりと対応していかなくてはなりません。

 

このように、重要な役割を多く担っているのが、サービス提供責任者なのです。