ガイドヘルパーの種類について

介護保険制度が施行され、介護は施設から介護の時代へ変わりました。また、同じく施設を離れ自宅で生活をする障害者も増えてきました。高齢者も障害者も健常者と同じように外出をして地域参加をしようという社会福祉基礎構造改革が推進されています。

 

そこで必要とされているのがガイドヘルパーの存在です。ガイドヘルパーは障害者総合支援法上の公的資格です。そのガイドヘルパーの種類は三種類あります。障害の種類別にガイドヘルパーの資格が分けられており大変手厚い研修が用意されています。

 

一つ目に、全身性障害課程、二つ目に同行援護従事者養成研修、三つ目に行動援護従事者養成研修です。全身性障害者の移動介助を行うための研修は受講する際に条件がつく都道府県があります。

 

その条件とは介護職員、介護福祉士でなければ受講できないというものです。ガイドヘルパーの制度は各都道府県により変わってきます。各地の都道府県知事の行う、または、都道府県知事が指定したスクールの行う研修を修了して初めてガイドヘルパーになれるのです。

 

地域地域で条件が異なり、カリキュラムも多少違いますのでよく調べた上で受講することをお勧めします。資格を取得すれば全国で通用しますし仕事内容も同じです。

 

全身性障害課程では、重度肢体不自由者における障害の理解や介助に関わる車椅子及び装具などの理解などを学び、更に障害者とのコミュニケーション技術を身につけたあと、演習にて実践的に介助方法を習得します。

 

同行援護従事者養成研修では、福祉制度、視覚障害者の心理、代筆、代読などを学び、更に演習にて場面別に歩行の介助方法を身につけます。視覚障害者の立場にたち、視覚障害者と共にスムーズに交通機関を使い外出支援を行えるよう技能を習得します。

 

行動援護従事者養成研修では、行動援護の制度、利用者の心理などについて学びます。そして、事例別に行動援護の技術を身につけるため演習に取り組みます。

 

三種類のガイドヘルパーに共通して言えることは、障害者の外出支援とは単に障害者を目的地まで支援するのではなく、外出により社会参加、自己実現の支援をするということが言えます。