視覚障害者同行援護従業者養成研修

視覚障害者同行援護従業者養成研修には、一般過程と応用過程の2種類のものが存在しています。

 

一般過程を修了した場合には、同行援護などの仕事に就くことが可能となり、応用過程を修了した場合には、同行援護事業所などにおいて、サービス提供責任者として勤務することが出来ます。

 

この視覚障害者同行援護従業者養成研修では、どのような内容を学ぶ事ができるのか、見ていきましょう。

 

一般過程で学べることは?

視覚障害者同行援護従業者養成研修において、一般過程で学べることにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

一般過程

・同行援護に関する基礎知識
・基本的な技能について
・障がい、疾病についての理解T
・障がい者や障がい児の心理についてT
・代筆や代読の基礎知識
・情報支援、情報提供について
・制度と従業者の業務について
・基本や応用技能についての演習

 

など、一般過程ではこのような内容を学んでいく事が出来ます。

 

スクールによっては、歩行介助の方法を身につけることができるまで繰り返し演習を行うことが可能です。

 

応用過程で学べることは?

では、応用過程で学べる内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

応用過程

・障がいや疾病についての理解U
・障がい者や障がい児の心理についてU
・場面に合わせた基本技能
・場面に合わせた応用技能
・交通機関を利用する際の技能について

 

など、このような内容を学ぶ事が出来ます。

 

実際に交通機関を利用しての実技演習を行い、実践的な介助方法を身につける事が出来るスクールもあります。

 

一般過程と応用過程は別で受講することも出来るのですが、一般過程と応用過程がセットで学べるものもあります。

 

また、同行援護サービスを提供している事業所では、サービス提供責任者の配置が義務づけられています。

 

今までは、介護福祉士などの資格があれば就くことができたのですが、2018年4月より、視覚障害者同行援護従業者養成研修を修了していなくては就く事が出来ません。

 

そのことからも、とても注目されている研修となっています。