ガイドヘルパーの仕事の将来性はどう?

ガイドヘルパーの資格を取得した際に気になるのは、ガイドヘルパーに将来性はあるのかという事です。

 

もし取得してもあまり将来性の無い資格だとすれば、せっかく取得したのにがっかりしてしまいます。

 

ここでは、ガイドヘルパーに将来性があるのかどうか、という点について見ていきたいと思います。

 

ガイドヘルパーに将来性はあるの?

現在日本は超高齢社会に突入し、高齢者の数はとても増えています。認知症になる方も多く、さらに認知症になる方は高齢者の方のみとは限りません。

 

認知症や障がいを抱えている方々の外出支援を行うことは、社会的にとても必要とされていることなのです。

 

障がいを持っている方や、一人で外出することが困難な方こそ、積極的に外出し社会との交流を深めていかなくてはなりません。

 

ガイドヘルパーの資格には、以下のようなものがあります。

 

・全身性障害者過程(全身性障がいをお持ちの方を支援する)
・同行援護従業者養成研修(視覚障がいをお持ちの方を支援する)
・行動援護従業者養成研修(知的・精神障がいをお持ちの方を支援する)

 

という、これら3種類があります。

 

それぞれの資格が、それぞれの障がいをお持ちの方に対し、切り離せないとても重要な役割を担っているのです。

 

最近、障がいがある為に外出を諦めて家に篭りがちになってしまう高齢者の方や、障がい者の方が多くおられるとされています。

 

寝たきりの方に対しての外出支援や、障がいのある方への外出支援、そして認知症予防のための外出支援など、ガイドヘルパーが必要とされているのが現状です。

 

人は一人で家に篭って生きていくことは出来ません。人と関わりを持ちながら生活することは、生きていくうえで欠かせない事となります。

 

そのお手伝いをすることが出来るガイドヘルパーという仕事には、とても将来性があると言えます。

 

介護職員初任者研修などの資格を同時に取得しておくことによって、介護士としても活躍することが出来ます。

 

介護職員初任者研修とあわせて受講できるような講座もありますので、一度確認してみてくださいね。